大阪 梅田近く中崎町にあるボイストレーニング乗岡教室は

声の事ならどんなことだってレッスンしています。

声を出すときに、喉をしめる事によって高い声を出す事がどうしていけないのか・・

話をする事が多いんです。

と言うのも、声が出にくいと言う生徒さんのほとんどが喉をしめる行為が多くて

声を出す時に不具合が起こるんです。

先ずは、空気の出が悪くなります✖

腹式呼吸で完璧にコントロールして声を出したいのに、喉が閉まり過ぎていると

全く息が出る穴が無くなってしまい声が出ていきません。

 

もう一つは、声が響くスペースがすごく狭くなるので良い声の響きが得られません・・✖

簡単に言うと、声がしっかりとした通る声にならないと言うことです。

喉を広くすると、いとも簡単に声が鳴ります。

 

最後に、喉をしめる行為が喉の筋肉の負担になるので疲れやすいんです。

喉は小さい筋肉なので、力が入り過ぎると上手く動かなくなってきます・・

コントロールができなくなって喉がガラガラしてきます!

 

これらの要素がいろいろ絡み合って喉をしめると、最終的に声が出にくくなると言う事です。

 

ボイストレーニング乗岡教室では、レッスン時間の初めの方に喉を開く練習を毎回します。

 

訓練して癖づけていく事が大切なんですね。