ボイストレーニング乗岡教室には大学生も通っています。

大学のサークルでアカペラサークルに入っている、男の子が

学校のコンサートに出る為のオーディションで歌うと言う事で

レッスンしました、この曲。

杏里さんの 「オリビアを聴きながら」と言う曲です。

80年代の曲ですが、大学生にとっては知らない曲なはず・・

懐メロで、この時代の曲を歌うのがアカペラでは流行っているらしいです。。。

アカペラでyoutube調べてみると、出てくるわ出てくるわ・・

 

さて、懐かしいこの曲。

杏里さんの、良くも悪くも普通っぽい声が多くの方に

聞き入れられて流行ったんだと思います。

 

とにかく、悲しい曲でもないし超歌い上げる曲でもない・・

 

ついつい、そうなりがちですがやはりサラっと歌うのが一番合うと思います。

入りを、小さく透明感をもって作る事によって、Bメロからサビへ

盛り上げる事ができると思います。

 

初めから歌い上げると濃くなりますからね。

 

抑えるところをしっかり作って、サビの後ろの方を盛り上げたいです。

やたらめったら原型が無くなるくらい、フェイク(メロディーを変えて)して

歌うパターンが多いみたいなんですが、オリジナルの良さがどうして

大ヒットにつながったかを知りつつ考えて、オリジナルの良さを守りつつ

歌を作って欲しいものです。