ボイストレーニング乗岡教室は大阪梅田近く中崎町でカラオケ教室もしています。

 

ボイストレーニングのレッスンの中で口の開け方やのどの開き方も練習します。

音痴だと言う事で私のボイストレーニングの教室に来る生徒さんのほとんどが

口を開けた時に初めは舌に力が入っている状態の人が多いです。。

舌に力が入って、細くなってとても盛り上がっている状態で喉の奥が見えません・・

上の絵のように舌の力を抜いた状態で平べったくなっている方が喉が開きやすいんです。

 

この状態が作れたとしても声を出す時には、どうしても舌に力が入って盛り上がって

更に力が入って行って喉を閉めてしまいます・・

 

喉が閉まると、吐く息の量が少なくなってしまうので声が出しにくくなります。

声があまり出ていないので、首に更に力を入れてしまう・・

 

もう音程を取るどころでは無くなると言う事になります。

 

先ず初めに舌の力を抜くと言う事が喉を開きやすくして、開くと

息がでやすくなるので腹式呼吸で、お腹で声を出すと言う事が

やりやすくなります。

 

こうなると、いとも簡単に音程が取れて音痴も改善されて行きます。

 

文章で書くと簡単ですが(笑)

1つ1つ力の発揮するタイミングや声質などを調整していくので

とても繊細な作業ですが、出来ない事ではないのです。

 

どんな人だってまともに歌えるようにはなりうるんですよね♪

 

結論として舌の力を抜く事が歌うことへの近道になって行くんです。