ボイストレーニング乗岡教室は大阪梅田近く中崎町で話し方教室もしています。

 

ハッキリとした話し方の練習をするのに、絵本の朗読は有効的です。

ゆっくりと、1つ1つの言葉を丁寧に話して行かなければならない行為が

自分の声を出すと言う動作の再確認になるからです。

ゆっくり話す時に、ついつい陥りやすいのが

棒読みで言葉の語尾だけを上げてしまう事です。。

 

なんだか箇条書きした紙を渡されて無理やり読まされている感が出るのでダメです。

 

更に悪い事に語尾が上がると言うのは落ち着きが無くなってしまいます。

 

語尾は下げる事で落ち着いた感じ=ゆっくり読んで行く感じが出ます。

そして棒読みを無くすために、メリハリを作るんですが・・いきなり

「メリハリを付けて読んでください。」と言われてもどうすれば良いか

解らないものだと思うんです・・

 

そこで、手っ取り早いのが文章やフレーズの初めを高い声で言い始める事です!

 

もちろんキーワードとなる、注目させたい単語や文章を高い声にするというのも

必要なんですが、とりあえず読み始める時に高い目に始めて

そして語尾を下げると言うのを利用すると、どんどん奉読みでは無くなって行きます!

 

このやり方・・普段の話す時にも使えると思うんです。

 

なんだか、感情が無く奉読みな感じで話をしてしまう・・と言う場合。。

どうすればいいか解らない場合、少し高い目に話しだして語尾は下げる。。

これは使えます。

 

すこし元気よく話しているように聞こえます。