カラオケ教室としてもレッスンもしています。

歌が好きで、歌が上手くなりたいと言う生徒さんが多く来ていますよ。

演歌だってレッスンしています。

私が若い時・・ボイストレナーとして働き始めた時から演歌の教室に

行っているけど、なかなか声が出ないと言う人が私のボイストレーニング教室

で発声とカラオケレッスンをするようになり、上手くなって行きました。

 

カラオケでどんな曲を歌っているのかを紹介して行ってます。

今回のカラオケ曲は 水森かおり さんの 「越後水原」 と言う曲です。

演歌だって、レッスンしています。だって日本の心ですもんね!

入りから、低い声で語るように歌います。けっして歌いあげないで。

サビの高くなるところは地声の細い声で歌いあげます。

1番のラストの 「たたずむ鳥よおおお」は大きくゆらして

良いと思います。

 

こう言う演歌は、雰囲気が大切なんです。

 

さびしそうな、雰囲気の声質のサビとエンディングの伸ばす声の

ゆれる感じ(こぶしでもビブラートでも呼び方は何でもいいです)

が雰囲気を出します。

 

激しい感じと語るような、物悲しい感じが入り混じるのが

押さえたいポイントです。