乗岡教室では話し方教室として話し方のレッスンもしています。

もともと、歌のレッスンだけしていたんですが・・

私が初めてボイストレーナーとして雇われて働きだした教室が

カルチャーセンターだったので、話す時の声のレッスンも求められるようになり

研究に研究を重ね、現在に至ります。

 

声を発する時に、1番基本になるのが 母音 です。

「あいうえお」

 

上手く話す時に、気を付けたいのが滑舌。

滑舌良く話をしようと思った時に 母音 の明瞭な声の響きと

子音 の 正確な舌を含めた口の形が重要になってきます。

88fdc64bb3e90841ddcef50d4a2f0136_s

母音に準ずる 子音。

 

先ずは母音をしっかりボイストレーンングしていきます。

 

子音は、 かきくけこ ならば k の部分。

この k の部分の 舌の形や息の使い方を正確に

できるようにレッスンを繰り返します。

 

生徒さんによって、今までの癖が邪魔になりなかなか時間が

かかるものですが、言語を覚え直すくらいの気持ちで取り組みます。

 

ゆっくり正確にレッスンを積み上げる事が重要です。